TOP    裁判資料    会報「原告と共に」   げんこくだより   ブログ   リンク

★ 控訴審(大阪高裁)にむけた 第2回学習講演会 講師資料 

11月10日に行われた学習会の講師陣のプレゼン資料など、到着次第掲載いたします。
★ 控訴審(大阪高裁)にむけた 第2回学習講演会 ご案内 

原発賠償京都訴訟、控訴審(大阪高裁)にむけた第2回学習講演会を開催します。
ぜひ、ご参加ください。

●日時  2018年11月10日(土) 13:00開場・13:30開会
●場所  京都弁護士会館 地下ホール
         (地下鉄丸太町駅徒歩7分京都地方裁判所東南側)
●参加費 一般700円、原告・避難者300円

●プログラム(予定)
 13:30 開会あいさつ
 13:35 講演1
     「避難の相当性をどう考えるか? リスク認知の社会的側面から」
     講師  平川 秀幸さん(大阪大学COデザインセンター教授・科学技術社会論)
 15:05 質疑応答
 15:20 休憩(10分)
 15:30 講演2
     「広島・長崎の被爆者が闘っている原爆症認定集団訴訟から学ぶ」
     講師  平 信行さん
        (京都「被爆2世・3世の会」世話人代表・京都原水爆被災者懇談会事務局長 )
 16:30 質疑応答
 16:40 行動提起・終了

↑ クリックするとpdfで
ご覧になれます

平川秀幸さんのプロフィール
 2000年国際基督教大学大学院比較文化研究科博士後期課程博士候補資格取得後退学。博士(学術)。専門は、科学技術社会論(科学技術ガバナンス論、市民参加論)。

 もともとはバリバリの理科少年だったが、理学修士をとったところでグレて文転。2回目の修士課程(博士前期課程)で哲学、科学思想を学び、博士後期課程から守備範囲を、社会問題寄りにシフトする。98年末から2000年まで、(財)政策科学研究所客員研究員として、科学技術政策関係のプロジェクトに参加。
*大阪大学関連のホームページから引用
平信行さんのプロフィール
 1951年生まれ。広島県出身で両親ともに被爆者。1974年~2011年、京都市内の大学生協に勤務。定年退職後の2012年10月、京都「被爆2世・3世の会」を結成、世話人代表。2013年から京都原水爆被災者懇談会事務局長。2012年から原爆症認定集団訴訟(近畿)、それに引き続くノーモア・ヒバクシャ近畿訴訟の支援活動を続け、2013年1月から「被爆二世のノーモア・ヒバクシャ近畿訴訟傍聴記」の執筆を続けてきた。2018年9月までに66号まで継続中。
 △ページトップへ

原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会
  〒612-0066 京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1 コーポ桃山105号 市民測定所内
   Tel:090-1907-9210(上野)  Fax:0774-21-1798
   E-mail:shien_kyoto@yahoo.co.jp  Blog:http://shienkyoto.exblog.jp/
Copyright (C) 2017 原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会 All Rights Reserved. すべてのコンテンツの無断使用・転載を禁じます。