TOP      裁判資料      会報「原告と共に」  

 げんこくだより        ブログ       リンク

【論文と資料】

* 原発賠償京都訴訟原告の陳述書分析に関して
● 竹沢尚一郎・伊東未来著 「福島原発事故避難者はどう生きてきたか―原発賠償京都訴訟原告の陳述書分析から」 西南学院大学国際文化論集第34巻第2号 153-225頁、2020年3月
● 原発賠償京都訴訟 陳述書に基づくアンケート

* 原発事故避難者の精神的苦痛に関して
● 原発事故の影響によるストレスアンケート分析に基づく論文(掲載準備中)

● 原発事故の影響によるストレスアンケート(大人用)
● 原発事故の影響によるストレスアンケート(事故当時18歳未満用)


★ 9/5 原発賠償京都訴訟団 アンコール(オンライン)講演会 
   「福島原発事故避難者はどう生きてきたか
     ― 陳述書とストレスアンケートからわかること」 

【当日資料】   ● 福島原発事故避難者はどう生きてきたか(pdf)     
                            
2020年9月5日(土) 13:30 Zoomにて開催

●アンコール(Zoom)講演会 
 講演  福島原発事故避難者はどう生きてきたか
      ― 陳述書とストレスアンケートからわかること
 講師  竹沢 尚一郎さん(国立民族学博物館・総合研究大学院大学名誉教授)
●参加費:無料
●主催:原発賠償京都訴訟団(原告団・弁護団・支援する会)
      (連絡先)原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会

*申し込み方法
  こ
の講演会は、6月28日(日)に開催した「第8回学習講演会」が大変好評で、各地から様々なお問い合わせをいただいたことから、アンコール講演会として、オンラインで開催させていただくものです。
 内容は、京都訴訟の原告全世帯が裁判所に提出した陳述書と、陳述書を分析するためのアンケート(全世帯が提出)の結果に加え、避難を選択した原告、また避難しないことを選択した原告が受けた「精神的・身体的な苦痛」を明らかにするために実施したストレス・アンケートの結果に基づき、原告が受けてきた苦痛・損害を可視化する内容となっています。
 全国の関心あるみなさん、ぜひ、オンライン講演会にご参加ください!

*申し込み方法
 こくちーずから申し込んでください。下記のURLをクリックしてください。
 https://kokucheese.com/event/index/600211/
 ただし、Zoomの契約の関係で、100名までしか接続できませんので、申込者が100名を超える場合はお断りすることがありますので、ご了承ください!
 申し込みが完了しましたら、こくちーずから、ZoomのURLが送られてきますので、開会の15分前には、接続してください!

●日 時 2020年9月5日(土) 13:30開始
  *13:00から待機しておりますので、13:15までにはZoomに接続してください!

●プログラム(予定)
 ・13:30 アンコール講演会開会
        講演 「福島原発事故避難者はどう生きてきたか 
            ― 陳述書とストレスアンケートからわかること」
        講師  竹沢 尚一郎さん(国立民族学博物館・総合研究大学院大学名誉教授)
 ・14:30 休憩(質問の整理)
 ・14:40 質疑応答
 ・15:15 アピールタイムほか
 ・15:30 終了予定  

●講演資料について
 ・講演資料については、「原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会」のウェブサイト
  http://fukushimakyoto.namaste.jp/shien_kyoto/index.html 
  からダウンロードしてください。
 ・なお、当日は、Zoomの画面共有で講演資料をご覧いただきます。また、Zoomのチャットを使って。
  ファイル送信します。
 ・講演内容についてのご意見やご要望につきましては、下記のアドレスまでお願い致します。
  rentai@s3.dion.ne.jp

●竹沢尚一郎さんのプロフィール
 1951年生まれ。フランス社会科学高等研究院博士課程修了。九州大学准教授・教授を経て現職。専門はアフリカ研究(文化人類学、アフリカ史・考古学)。
 日本では各地のまちづくりや有機農業の研究をおこなっている。東日本大震災の後には岩手県沿岸部で支援と研究を実施してきた。
 この分野の著書に、竹沢尚一郎『被災後を生きる:吉里吉里・大槌・釜石奮闘記』(中央公論新社、2013年、The Aftermath of the 2011 East Japan Earthquake and Tsunami, Lexington Books, 2016)、竹沢尚一郎編『ミュージアムと負の記憶』東信堂、2015年など。2016年春には国立民族学博物館で、企画展示「津波を越えて生きる」を実施した。

 △ページトップへ

原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会
  〒612-0066 京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1 コーポ桃山105号 市民測定所内
   Tel:090-1907-9210(上野)  Fax:0774-21-1798
   E-mail:shien_kyoto@yahoo.co.jp  Blog:http://shienkyoto.exblog.jp/
Copyright (C) 2017 原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会 All Rights Reserved. すべてのコンテンツの無断使用・転載を禁じます。
Shoichiro Takezawa <shotakezawa@gmail.com>