TOP 利用案内 アクセスマップ イベント情報 守り育てる会 ブログ

ニュース 問い合わせ先等

 ◆ 新着案内

 「利用案内」のページ
 「利用案内」から「京都やましろ保養の家の概要について」と変更し、2019年11月1日付一部改正したものを掲載しました。

 「京都やましろ保養の家」HP開設!
  「うつくしまふくしま in 京都」のHPより移転しました。

 ◆ 京都やましろ保養の家に参加される方の交通費資金カンパへのご協力お願い

 原発事故により放出された放射能の影響を受ける地域に居住している人たちが、一定期間、放射能の影響を受けない地域で生活し、クリーンな空気を吸い、汚染されていない食品を摂取することで、放射能による健康への影響を低減させ健康回復につながることが、チェルノブイリ原発事故後の取り組みによって実証されています。福島原発事故後にも、放射能の影響を軽減させる「保養キャンプ」などが全国各地でとりくまれてきました。

 2013年から現在まで、福島県などから京都府内に避難しているこどもを対象に、「避難者こども健康相談会」を開催してきたメンバーから、福島県などに住む家族やグループが夏休みなどの期間に利用できる「保養の家を京都南部に作ろう」との声があがり、準備をすすめてきました。幸い、京都府精華町にある空き家の離れを利用できることになり、家具・電気製品についても確保することができました。

 室内のクリーニング、畳の表替え、ふすま・障子の張り替え、家具什器の購入等などの開設準備を終え、2019年7月から利用できるようになりました。

 保養の家の開設と当面の運営のために必要な費用を、原発事故被害者に心を寄せるみなさまにカンパでご協力いただき、大変ありがとうございました。

 今後は福島などから保養に参加される方の交通費の半助のための資金のため、引き続きカンパをお願いしたいと思います。よろしくお願いします。

*郵便振替口座の場合
 記号番号:00960-7-334406
 加入者名:「京都やましろ保養の家」を守り育てる会
 ※通信欄に「保養の家開設資金カンパ●口 ●,000円」とご記入ください。
 ※ご依頼人欄におところ、おなまえ、電話番号の記入をお願いします。


●京都府相楽郡精華町東畑にある空き家


●離れの2階部分を利用します

 
ページトップ
Copyright (C) 2019 うつくしま☆ふくしまin京都およびやましろ保養の家を守り育てる会 All Rights Reserved.
 すべてのコンテンツの無断使用・転載を禁じます。