トップ   避難者無償住宅問題    イベント情報    資料集   ブログ(外部リンク)
トップ> イベント情報
 ◆ これからどうする―無償提供の終了と京都府・市の支援策
    ひなん生活と住まいの相談会
 

 ●日時:12月9日(土)13:30~15:30

 ●場所:京都・市民測定所(会議室)
         アクセスはチラシをご覧ください →

 ●参加費無料  *個別相談OK

 ●申込先:rentai@s3.dion.ne.jp
ひなん生活と住まいの相談会チラシ
クリックするとpdfで
拡大します。

 福島県は今年3月末でみなし仮設住宅の無償提供を打ち切りましたが、京都府・市は入居日から6年間の無償提供を維持し、その後はそれぞれ独自の支援策を実施しています。京都市は、災害理由による「特定入居」やこども被災者支援法に基づく「優先入居」等により、現在入居している市営住宅を有償で提供(正式入居に移行)しています。

 また、京都府の支援策は、「同じ住宅に1年間の負担軽減措置(家賃の1/2補助)を講じた上で、2019年3月末までの間、有償による継続入居ができるようにする」というものです。さらに、この期間中に引越した場合は、「上限5万円の補助を行う」としています。現在の住居に住み続けられることは大きな前進ですが、年間所得の低い方にとっては、そもそも家賃の額が高額であるため負担が大きく、また、2年間という期限付きの延長となっています。

 すでに家賃負担が発生し、生活に困難をきたしている世帯もあることから、上記のとおり、「ひなん生活と住まいの相談会」を開催することにしました。

 避難者のみなさん、ぜひ、ご参加ください!

 ページトップ
Copyright (C) 2017 うつくしま☆ふくしまin京都 All Rights Reserved. すべてのコンテンツの無断使用・転載を禁じます。