トップ  避難者無償住宅問題  保養の家  イベント情報  資料集  ブログ(外部リンク)
トップ京都やましろ保養の家6.29設立総会
 ◆ 「京都やましろ保養の家」を守り育てる会 2019年度活動方針及び予算

 2019年6月29日、設立総会において、以下の活動方針案・予算案が了承されました。
  予算案

2019年度活動方針について  予算はこちら

(1)運営体制の確立
  1.  「育てる会」の会員を、新たに100名獲得します!
    • 保養の家の開設資金カンパをいただいたみなさまには、今年度の育てる会会員とさせていただき、今年度中に新たに100名の会員拡大をめざします。
  2.  事務局(スタッフ)会議を定期的に開催し、保養の家の管理・運営や支援を広げるためのイベントを企画・実行します。
    • 月2回程度の清掃・管理業務の実施
    • 原発事故被害者にとっての保養の意義・必要性を広く市民に広げる講演会やイベントの開催
    • 育てる会会員の情報交換のためのメーリングリストの開設
    • 助成金の活用
       保養の家の財政を確立するため、各種団体の助成金の獲得をめざします
(2)保養利用者への支援・サポート活動
  1.  保養の家利用者をサポートする活動
    • 育てる会会員や地元支援者との交流会の実施、保養の家での生活のサポート、観光案内・情報提供、こどもへの学習支援、送迎支援など
  2.  保養利用者への交通費補助を行います。
    • 今年度は大人2万円、こども1万円を上限に補助をおこないます。
    • 引き続き、保養の家利用者の交通費補助のためのカンパ活動に取り組みます。
(3)情報発信
  1.  保養の家に関する情報発信を行います。
    • 会報の発行(年2回程度)
    • ホームページ・ブログによる保養の家の利用に関する情報発信
 ページトップ

 ◆ 京都やましろ保養の家 2019年度予算案

2019年6月29日設立総会

 pdfで読む

1.収入の部

費  目 今年度予算 内  容
会費 100,000 1,000円×100人  *開設後から新たに会員を獲得する目標数!
参加費 50,000 開設記念のつどい、講演会・交流会などのイベントの参加費
寄付金 800,000 個人・団体からのカンパ
利用者寄付金 20,000 保養家利用者に光熱水費・寝具リース料の実費程度をご寄付いただく
助成金等 320,000 京都木津川マラソン震災復興支援金(20,000円確定)、こんどプロジェクト(30万円申請予定)、
その他収入 1,000 預金利息、その他
合 計 1,291,000  

2.支出の部

費  目 今年度予算 内  容
修繕費 200,000 畳表表替え120,000円、ふすま・障子・網戸47,030円、入口の引き戸10,000円、清掃20,000円
備品費 30,000 炊飯器、ドライヤー
消耗品費 70,000 事務用品、保養の家の開設・維持のための消耗品
寝具リース料 60,000 保養の家利用者の寝具リース料
報償費 50,000 主催イベント(講演会、保養中の交流会など)の講師謝礼・旅費
使用料 40,000 主催イベントの会場使用料
食糧費 20,000 主催イベント、保養の家利用者に提供する調味料など
印刷費 10,000 印刷機使用料、コピー代など
通信費 60,000 開設記念の集い、会報(年2回予定)の郵送料など
交通費補助 300,000 中学生以上 20,000円×2人×5組=200,000円  小学生10,000円×2人×5組=100,000円 *新幹線利用の場合の半額程度を補助
管理費 180,000 (1,000円×4時間+交通費1,000円)×月2回×12月=120,000円、利用中のサポート費用(1,000円×2時間+交通費1,000円×のべ20回=60,000円)
事務所使用料 20,000 共同事務所使用料(年間2万円)
*事務所表示、郵便物の受け取り、月1回程度の会議使用
その他支出 1,000 振込手数料など
次年度繰越 250,000 次年度の交通費補助のための資金ストック
合 計 1,291,000  

 ページトップ
Copyright (C) 2017 うつくしま☆ふくしまin京都 All Rights Reserved. すべてのコンテンツの無断使用・転載を禁じます。